作成者: hirohiro19

読書:エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』

エーリッヒ・フロムは1900年フランクフルトのユダヤ教徒の家庭で出生し、1980年にアメリカで亡くなった。フランクフルト学派の大半がキリスト教になじんだ同化ユダヤ人で構成されているなかで、フロムは生涯、敬虔なユダヤ教徒として通した。

彼の業績として、フランクフルト学派におけるマルクスとフロイトの思想統合をあげておかなければならないだろう。

自伝的な著書『疑惑と行動』では、マルクスとフロイトの統合について平明に語っている。それによれば彼がフロイトに惹かれたのはある経験が切っ掛けとなっている。彼の家族が親しくしていた画家が、自身の父親の葬式に際して、一緒に埋葬してほしいと言い残し、自殺してしまう。この画家が取った行動が長年彼の意識にこびりついていたが、フロイトの著作に触れることで、画家の行動を理解する鍵を見いだしたのだという。以後自ら精神分析を受診・臨床を行うにいたる。マルクスに関しても、青年時代の感慨から傾倒の契機を回顧している。彼の若かりし第1次世界大戦前後の時代、ナショナリズムに沸き立つドイツにあって、誰も彼もヒステリックな情動に突き動かされている状態にあった。こうした大衆の気性にある種の不合理を感じ、こうした社会現象を読み解くツールとしてマルクスを認めていたのだった。

この2つの思想を統合することにどのような意義があるのか。

マルクスは経済的な状況が人間の意識や文化を規定すると主張していた。ただ具体的な「規定」の実態はマルクス自信は明らかにしていない。こうしたマルクス理論の欠陥を補うに際し、フロムは精神分析がもたらす人間理解は大きな寄与をすると考えたのである。他方フロイトならびに精神分析には資本主義を前提とする嫌いがあり、社会の変容可能性を視野から外していると批判、マルクス理論との接続によって精神分析理論のさらなる発展が期待できると考えていた。

本書のキーワードである「権威主義的性格」も、フロムのこうした方向性から生まれた解明である。マルクス主義に染まった学派の思潮にフロイトの思想を注入したという点で、学派初期のフロムの役割は大きなものがあった。

1920年代後半すでにドイツで研究者として活動し始めていたが、ナチス政権下のドイツから逃れて、パリ経由でアメリカに亡命。『Escape from Freedom』は1941年ニューヨークで初版を発行された時点では、フロムはフランクフルト学派と決別していた。。日本では1951年に翻訳された。

戦後民主主義を主導した丸山眞男が発表した『超国家主義の論理と心理』では、日本の軍部に見られる抑圧移譲の性質を看破していたが、本書『自由からの逃走』の分析が妥当だとすれば、ナチスにも同様のことが言えるのかもしれない。

本書はファシズムが起こった経済的社会的条件のほかに、人々の心理的要素を理解する必要があり、「心理的要因と社会的要因との交互作用」を基礎として議論を進める。

(以下読書メモ)

(さらに…)

読書:木村元『学校の戦後史』

産業社会からの要請を受けながら、時代の教育像を更新していく公教育の年代記。カリキュラムの改訂が裏のテーマであり、ゆとり教育の発生も因果関係をなぞりながら確認することができる。そして公教育の相対化(登校規範のゆらぎなど)や2010年度の新試験に言及しつつ、今後の課題を視野に入れている。

(以下読書メモ)

(さらに…)

翻訳:ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』ガーディアン書評

世界史の勉強はしてきたつもりだったが、視点や書き方によってこうも面白くなるのかと感服したしだいである。本書の一番の魅力は、読者に思考を促すことにある。著者は無知な人間を想定していないらしく、いちいち講義などしない。こうした接近の仕方に反応するように、世界の発展をどのように捉えているのかを知りたい気持ちにさせてくれる。私感として、読者を信頼することで生まれた知的雰囲気を帯びていると言える。

少し気がかりなのは、著者の大雑把な断定や文化、貨幣などなどの漠然とした理解をベースに構成されている点で、確かに歴史初学者にとっては良いかもしれないが、一般読者は過信は禁物である。

初期の人類を扱う章、特にホモサピエンスと他の種との交流部分は読者の心をわしづかみにすることだろう。まずはそこを読んでから読書を続けるか判断すると良いかも。本全体の批判者でも、この部分だけは褒めていることが多い。

Sapiens: A Brief History of Humankind by Yuval Noah Harari – review

https://www.theguardian.com/books/2014/sep/11/sapiens-brief-history-humankind-yuval-noah-harari-review

(さらに…)

読書:スタニスワフ・レム『ソラリス』

ポーランド人のレムによる、異星人との接触を扱ったSF小説。この異星人は、赤い月と青い月が交互に照らす惑星ソラリスを覆う海の姿をしている。人類はこの異星人を発見して以来、長い年月をかけて接触を試みてきたのだった。しかしソラリスに反応はない。異星人との交流を求めて遥か宇宙にまで飛び出した人類だったが、宇宙は人類の想像を越える不可解さに満ちていた。
(さらに…)

読書:A・クレピネヴィッチ、B・ワッツ 『帝国の参謀―アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦略』

キューブリックの名作『博士の異常な愛情』の舞台であるBRAND Corporationは、ランド研究所をモデルにしていると言われる

加藤陽子さんの『戦争まで』で言及されていた本作。戦略家として著名なマーシャルの人物伝の体裁をした、アメリカ国防面から見直す戦後史、といったところか。序文でも、国家安全保障と国防戦略に対する発想・構想の発展がテーマとして宣言されている(p4-5)。戦闘機や米国国防組織に詳しくないと、少し退屈かもしれない。

(さらに…)

読書:濱口桂一郎『若者と労働』

いまでは通俗化した感のある「ジョブ型・メンバーシップ型」という言葉も、私の身の周りでは、濱口氏の本意から乖離した意味で使われる事例が散見される。用語の乱用は避けたいところだが、日本企業の風土を理解する上で格好の視座を与えてくれる。本書は学校―会社のトランジションを主題とする。

(さらに…)

翻訳:トマス・クーン 『科学革命の構造』ガーディアン紙「ベスト・ノンフィクション100」

 

https://www.theguardian.com/books/2016/jun/20/100-best-nonfiction-books-all-time-thomas-s-kuhn-structure-of-scientific-revolutions-paradigm-shift

(以下訳文)

トマス・クーンは科学革命という概念を考案したわけではないが、そこに特別な意味合いを持たせた「パラダイムシフト」というフレーズを作り出し、この上ない賛辞を受けるほど評判が良かった。ニューヨーカー紙に風刺漫画が4作(1974年から2009年まで)も載ったほどだ。

最初の漫画の内容はこうだ。マンハッタンのカクテルパーティにて、ベルボトムを履いた若い女性が禿げかかった人物をこういう風に褒める。「すごいですね、ガーストンさん!あなたはパラダイムという言葉を現実世界で使った初めての人ですよ」

科学の理解や、科学史の合理的な解釈として支配的な考えに驚くべき影響を与えた点で、『科学革命の構造』はこうした一連の評価に値する。(この本の散文は時にわかりにくいことはあるが)

(さらに…)